スカルプドライヤー

次世代ドライヤー ヤーマン スカルプドライヤー 乾かしながら 頭皮ケア

スカルプドライヤー  今までのドライヤーと違い使用時に髪へのダメージを最小限に
抑えてヘアーセットが出来るヤーマンスカルプドライヤー 果たしてどのようなドライヤーなのか 調べてみることにしましたので ご参考にどうぞ

 ヤーマン スカルプドライヤー って何? 

スカルプドライヤー

スカルプドライヤー って位の 名前 なんだから 何となく 頭皮 のための ドライヤー

みたいな 想像 ですね。 ってことで 今回は 気になる 日本初 の 機能 を取り入れた

次世代 ドライヤー ヤーマンスカルプドライヤーの 数々 の 機能 や 使い心地 など 気になる点を 調べ 挙げてみる 事にしました。

一見 今風 の形をした 単なる ドライヤー に見えますが アラフォー アラフィフ のおじさんも びっくりの 優れた 機能 が 搭載 されていますので、ドライヤー の 購入 などを 検討 されている方 参考 にしてみてください。

スカルプドライヤー

次世代 ドライヤー ヤーマンスカルプドライヤー の機能

一般的な 世に多く出回っている ドライヤーは、熱風で髪をより早く乾かすタイプの物が

多く この タイプ の ドライヤー は ホットで 約85℃位の 温風 が出ているそうです

近づけすぎたり 長く使うと 頭皮 や 髪の毛 の ダメージ も多く出てしまいがちです。

スカルプドライヤー の大きな 特徴の一つとして

ドライモード

この 高温で 乾かすに代わって 遠赤外線 でしっくりと 温められた 60℃ 位の 温風 で 髪を乾かす事が出来るのです

遠赤外線 の 効果 で 低温  でも 普通 のドライヤー とほぼ 同じ位の 時間 で髪が乾くそうですしかも ダメージ は少なるなる メリット があります。

このスカルプドライヤー ドライヤー としては 高価 なのですが その分 機能 が 充実 しております 何とこのドライヤー 振動 マッサージ機能 を 搭載 しているのです。

しかも 髪を乾かしながら マッサージ機能 で 頭皮 ケア も 出来 てしまうのです。

スカルプHモード

振動機能のマッサージと 遠赤外線温風による 頭皮の温めで 頭皮ケアが出来る機能です

温風は 42℃に設定されていて 温風の感触は お湯を優しくかけているような 感触だそ

うです。 頭皮ケアのマッサージに最適なモードで 育毛剤使用前のマッサージに適しています。

スカルプCモード 

この 機能 は 振動 と 低温送風 のモードです。 この 機能 により 育毛剤 の 浸透率 が 普段の約 1.5倍増 得ると言うデータが有り かなりの 効果 が 期待 できます。 普段 の 頭皮ケア にも 十分 使用 できる モード ですが 育毛剤 を 使用後 には 高確率 で 浸透率 が上がる データ が多く取れています。

以上3つの新しい次世代的な機能を持ったのが ヤーマン スカルプドライヤー の特徴です。

 

 

https://youtu.be/ho5MBTdlQL0

ヤーマン スカルプドライヤー の評価

スカルプドライヤーは アートネーチャーのサロンなどでも 推奨品とされているようで

す。髪や 頭皮 の 専門 の 会社 からの 推奨 ですので 信頼性 がありますね。

口コミ の中には 悪い 口コミ は少なめです

※ 大きすぎて 重い

※ 普通 のドライヤー の方が 渇きが 早い

※ コンセント が弱い

などの 評価 の低いものも有りますが ごくわずかな 口コミ の一部です

多くの方が 良い 評価 をされています。なので 問題 なくお ススメ 出来ます。

スカルプドライヤー

こんなタイプの人に おススメです

※ 育毛剤を使用していて 更に効果を得たい人

※ 頭皮マッサージが自信では 上手くいかない人

※ 普通のドライヤーでは 髪が痛みすぎる人

※ ドライヤーを購入検討している 頭皮ケアをしたい人

おススメ出来ないタイプの方

※ 自信でマッサージをしたい人

※ 頭皮ケアにお金を掛けたくない人

※ 頭皮 抜け毛 薄毛などが 気にならない人

※ 髪を乾かすのが 早くなければ ダメな人

Summary

遠赤外線 と 適度 な 温風 で 髪や 頭皮 に与えるダメージを 減らし なおかつ

頭皮 を マッサージ を しながら髪を乾かす事が出来る ドライヤー

毎日 育毛剤を 手で マッサージ している方には、大変 に 便利 で役に立つ

ドライヤー ですよね。 しかも 育毛剤 の 浸透率 も良くなるとか

育毛 マッサージ などが 面倒 になっている方には おススメな ドライヤー です。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP