UV対策

uv ケアの正しい考え

間違 えだらけの  uv  への 考え方

明日 でもう 4月 ですね。今年 は 桜の開花 も 早く 東京周辺 では、花見  も終盤 を迎えようとしています。

気温 の方も、日中 は 20℃ 上回 る日が出てきています。紫外線 の 線量 は 東京近郊では 強い に  値して、30分間  直射日光 に当たると 肌に ダメージ が出る位の 線量 です。

1日中 屋外 にいれば 十分 に 日焼 けしてしまいます。アラフォー アラフィフ 世代の皆様 もしっかりと 紫外線対策 をしてください。

紫外線対策 の 話なのですが、多くの人が 紫外線 (UV)への考え方が 間違 っていると言う 情報 を耳にしましたので、改めて 紫外線 への 勘違い、間違 えを少しお話します。

まずは、高価 な FPS成分 の 高い UVケア 商品 を買って ケア してるのに、シミ が 増えてしまった。と言う声が 多いです。

これは、根本的  に間違 えなのです。  えーっ と言う人もいるでしょうが その考え方 自体 が 間違 えなのです。

人の肌には、UV に対する 天然 の バリア が有ります。保湿 の 水分  や皮脂 も バリア になります。

その 天然 の バリア が 強い か 弱いか によって  シミになったり しみ が出来にくかったりします

これが 基本 の 考えです。

高価 で FPS の 高い物 で UV ブロック しているのに シミ が 増えた 理由 は、成分 が強すぎて 逆効果

な 作用 が 働き 元々 あった シミ を 濃くしたり 新たに シミ を 作って しまう ケースなのです。

UV ケア 商品はどん 化粧品 を 選べば 良いのか?

UVケア の 化粧品 は 刺激 が少なく なおかつ 丁度 よく紫 外 線の ブロック が 出来る モノ で プラス 肌を守る 成分 が含まれている 美容液 がお 勧めです。

実際 にはどんなものがいいかと言うと、FPS やP Aの 低い物 これが高いと 紫外線 が肌に当たった 時に 化学変化 を起こし 肌に 悪影響 を与える 物質 を作ってしまう 事が有るからです。

UV ブロック 化粧品 を 購入時 に 表記内容 をよく 確認 して 刺激 の少ないを 商品 を選びましょう。

紫外線 吸収剤 は 肌への 負荷 が 大きい

紫外線散乱剤 の入った 商品 は、紫外線吸収剤入り の物に比べると 肌への 負荷 は少なくなり 敏感肌 や 子供には こちらの方がお ススメです。

ノンケミカル と 表記 されていれば、紫外線散乱剤入 りの 商品です。

紫外線吸収剤不使用 の 商品  のどの様な物が敏感肌 に良いかと言うと

なるべく肌への 刺激 が 少ない 添加物 の少ない、もしくは入っていない物を選ぶのが良いでしょう。

日焼 け 効果 の 高い物は 専用 の クレンジング を使わないと 落ちないものも有りこれは肌への負

担が大きくなる 原因 の一つです。なるべくお湯や 石鹸 で落とせるような物を使うと、負担が 少なく済みます。

uv

SPFとPA

SPF と PA とは UV の カット率 です。最大 は SPF が 50 で PAが++++(フォープラス)です。

SPF の 表記 の 意味は 未使用 の 状態 の 時と比べ、使用 したときは、日焼 けをするまで 何倍の 時間 がかかるかを示した 数値 です。

PA の方は後ろに+が付き+が多いほど 効果 が有るという 表記 なのです

uv

目安 は ミルクタイプ や クリーミータイプ を

紫外線吸収剤 を 使用 している 日焼け止めは、ローションタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプが多く、ミルクタイプ や、クリームタイプ には、紫外線吸収剤 を 使用していないものが多いので、1つの 目安 にしてください。

必ずしもそうではないので、表記 に ノンケミカル や  紫外線吸収剤フリー の 表記確認を 忘れずに!

日焼 け止めを 塗ると、肌が 乾燥 したり、ツッパ リが出たり 肌に ダメージ を与えます。

乾燥 の  原因 が多いので 保湿成分配合 の物が良いです。

 

肌にいい事してる?

簡単なケアで若々しい肌を手に入れる! 詳しくはこちらです

関連記事

  1. 危険な春の 紫外線 対策

  2. ZIGEN UVクリームジェル メンズ向けUVクリームで紫外線対策 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP